スマートフォン版はこちら

面接での定番質問、答えにくい質問、業種や職種で変わる質問

応募企業が変わっても面接でよく聞かれる質問にはある程度の共通点があります。業種に関わらず企業の採用担当者が知りたいと思う定番質問の意図を理解して、しっかりと答えられるように準備をしておきましょう。

面接でよく聞かれる定番の質問、その内容は?

まずは、面接で良く聞かれる質問を、具体的に見ていきます。

自己紹介 自己PRをしてください ~簡単な自己紹介をお願いします

ビジネスの場では初めて会う人には名刺を渡して氏名を名乗り、どの業務を担当し、自分はどういった立場なのかを説明します。面接の場でも伝えたいことに興味を持ってもらうためには、まずは自分に興味を持ってもらうことが必要です。

自分が「誰で、今まで何を経験して、何ができて、企業の業務にどう役立つことができるのか」といったことを伝えます。
また「1分、3分」など、あらかじめ時間を指定して自己紹介や自己PRを求められることもあります。事前に考えをまとめて練習しておくと、本番で慌てずに済みます。
時間を指定されない場合でも、長すぎる自己紹介や、自己PRはNGです。要点や結論を最初に簡潔に述べて説明し、業務内容も、誰にでもわかりやすい言葉で説明できるようにまとめておくと良いでしょう。

【関連記事】
「転職面接で効く自己PRとは あなたの長所の伝え方」

志望動機、退職理由、~志望理由を教えてください。転職理由は何ですか?

応募者が、数ある企業の中から、なぜ自社を選んだのかを企業は知りたいと思っています。
志望動機は、応募先の企業研究をしっかりと行い、企業に合った志望動機をしっかり準備できるかどうかが、面接の成否を分けます。

また、勤めていた会社を辞めて、新たな道を目指す理由は何か? 面接官も、応募者に今の会社に対して否定的な気持ちや、不満があることはわかっています。ですが、それをそのまま伝えてしまうと、採用後に同じような不満を持つ人なのではないか? 物事を後ろ向きにとらえやすい性格ではないか?と思われてしまいます。

退職理由は、転職を決意するに至った課題をどう解決しようと考えたのか、入社後どのように仕事に取り組もうと考えているかなど、ポジティブで前向きに転職に取り組んでいる姿勢を見せることが大切です。そうした姿勢を知ることで、面接官は、応募者の本気度や入社意欲を確認します。
志望動機は「企業に合った志望理由を、熱意を持って伝えること」、退職理由は「ネガティブな理由からポジティブな姿勢に変換して伝えること」が大切です。

【関連記事】
「中途採用面接での志望動機の答え方 理想の長さは何分?」
「面接で退職理由を聞かれた時の答え方 例文付きで解説」

これまでの職務内容、経験 ~業務内容やこれまでのご経験を教えてください

中途採用の多くは即戦力となる人材を求めています。
これまでどういった企業でどのような仕事を担当してきたのか。そこで何を経験し、身に付けたことは何か。そして、これまでの経験を活かして自社にどのように貢献してくれるのかを、企業は見極めようとしているのです。
これまでの経験やスキルを、志望企業でどのように活かして活躍していきたいかということをアピールしましょう。

【関連記事】
「【職務経歴書の書き方】基本フォーマットと必ず盛り込むべきポイント」

定番だけど答えにくい質問は?

定番の質問内容は応募者に関する基本的なことが多いです。自分の考えを素直に答えれば良いので簡単にも思えますが、中には答えづらく、思ったままに答えてしまうと失敗しやすい質問も存在します。自分自身をもう一度振り返り、しっかりと対策をして回答を考えておきましょう。

長所や短所、客観的に見たあなたとは?

「あなたの長所、短所を聞かせてください」という質問は、応募者の性格や、会社の適性に合った人材かどうかを知るためだけではなく、応募者が自分を客観的に見られる人材かどうかを知るための質問でもあります。

誰にでも長所、短所はあるものですが、何の準備をせずに素直にありのままを答えるというのは、「欠点もありますが、これが私です」といった、短所をそのままに努力もしない態度と捉えられてしまうかもしれません。

面接対策としてまずは、会社が求める人物像を、募集情報や企業サイトなどから理解しましょう。
また、家族や友人に自分の良いところ、悪いところを聞き、自分を客観的に見つめて長所、短所を洗い出します。
長所はできるだけ会社の求める人物像にマッチするものを伝えられるとよいでしょう。
短所は、「できない」「苦手」で終わりにするのではなく、裏を返せば長所に見せることができるものを選びます
例えば「頑固」は「一度決めたことを最後まで貫く性格」とも言えますし、「飽きっぽい」という短所は「新しいことに興味を持つ」とも言えます。言い方を変えるだけで、短所もまたアピールポイントになります。
長所、短所を答えるための、面接対策として企業研究と自己分析が必須です。

【関連記事】
「面接で聞かれる短所を長所に見せる答え方 言い換え例一覧」

複数応募、志望順位~当社以外にどこか受けていますか?

面接時に企業から「他社も受けているか」「第一志望企業はどこか」といった質問をされることもあります。
転職活動をする際に、複数の企業を受けることは一般的ですので、他にも応募している企業がある、選考が並行して進んでいる場合は正直に伝えましょう。そこで具体的な企業名を出す必要はありません。
面接している企業がその時点では第一志望でなかったとしても、選考の過程で第一志望になるかもしれないので常に真剣に前向きな姿勢をしっかりと見せることが大切です。

未経験や、ブランクなど~今までの職種とは違いますがなぜ応募されたのですか?

未経験の職種に応募した場合、「未経験からなぜ、この仕事がやりたいのか」といったことを聞かれます。その仕事への思いチャレンジしたい気持ち、今までの経験をどのように活かせると考えているかをアピールしましょう。
「経験不問」「未経験者歓迎」といった募集の場合は、職種の経験はなくても、社会人としての経験が評価のポイントとなります。

また、中途採用を行う企業側は、応募者に対し、即戦力となってくれることを期待しています。退職してからブランクがある場合は、即戦力として期待できるのか? 就業しない期間に何をしていたのか? と質問されることもあります。
なぜブランクがあったのか、ブランクの間の成果や努力を伝えましょう。
転職活動をしていた場合は、活動期間が延びた理由を伝えましょう。転職活動はせずに休息期間を過ごしていたり、仕事とは別の何かに時間を費やしていたりして、再就職を目指す場合には、その募集企業が欲しい人材像につながるような、期間中に見つけた自己発見や、成果などを伝えましょう。

給与待遇面への希望~希望年収はいくらですか?

面接で給料など待遇面の希望を聞かれる場合があります。もちろん良い条件に越したことはないですが、あまり高望みを口に出しても、採用につながらなくなってしまいます。
応募する業種や職種の平均年収や、自分の経験や年齢などを考慮した金額など、実績値を理解しておくことが大切です。

IT業界、アパレル、など目指す業種で異なる面接質問と正解は?

面接で聞かれる「これまでの経験」「仕事に対する意識や関心」「志望理由」などの質問は、どの業界でも必ずと言っていいほど聞かれる質問ですので対策としてポイントをしっかりとおさえましょう。

それに加えて、業界ならではの質問もありますので、各業界の面接定番質問をご紹介していきます。

IT業界転職の定番質問

「使用経験のある言語、ツールは何ですか?」
技術経験や知識を判断する質問です。今までの業務で経験したことはもちろん、どんな技術に関心を持って普段どのように自己研鑽しているかなど、技術に対する前向きな姿勢をアピールしましょう。

「担当していたプロジェクトの規模やポジションを教えてください」
大規模な案件の経験があるかどうか、業務経験の範囲はどの程度かを聞く質問です。具体的な数値を盛り込みながら、自分の担当業務、ポジションを詳しくかつ簡潔に答えるようにしましょう。

アパレル業界での質問

「好きなブランドやよく読むファッション誌はなんですか」
仕事に対する関心や姿勢をみると同時に、好きなファッションの系統を知るための質問です。応募先企業が展開するブランドと異なった系統のブランドやファッション誌を答えたりすると、「本当に当社で働きたいのか?」と疑問に思われてしまいます。事前にしっかりと企業研究し、ブランドが掲載されているファッション誌や、同じターゲット、テイストの雑誌を答えるようにしておきましょう。

「接客経験はどの程度ありますか、また土日出勤もありますが大丈夫ですか」
本社スタッフではなく販売員の募集であれば、接客は大切な仕事の要素です。シフトで土日勤務が入ることもあるので、確認の意味も込めてこうした質問をします。土日勤務NGでは、販売職への転職は難しい場合も多いです。

ホテル業界ならではの質問

「なぜ当ホテルを志望したのですか」
一言でホテルといってもビジネスホテルやシティホテル、観光地にある老舗ホテルなどさまざまです。選択肢が複数ある中で、応募先のホテルを選んだ理由は、志望の度合いや仕事への関心度を判断するために必要な質問です。自分の思いや考えをしっかりと伝えるようにしましょう。

「ホテルスタッフとしてやりたいこと、目指すことはなんですか」
なぜホテル業界を志望するのかはもちろん、「ホテルスタッフとしてどんなことを実現したいか」は面接時に必ずと言っていいほど聞かれる質問です。また、将来は「経営に関わりたいのか」「現場のプロフェッショナルを目指すのか」など、将来のビジョンも聞かれることも多いので、事前に準備をしておきましょう。

目指す職種で変わる?面接で聞かれること

面接の受け答えで大事なことは「具体例」や「数字」を使った説明で、面接官にもイメージしやすく、わかりやすく伝えることです。面接官が見ているのは、募集業務をしっかりこなせるだけの経験や能力があるか、仕事に対して誠実に取り組んでいけるかいう点です。これはどの職種でも変わりませんので、自分の経験や仕事に対する考え方や、応募職種に対する思いを伝えるようにしましょう。

職種によっては、求められる資質を問う質問をされる場合があります。

MR採用の面接定番質問

「これまでの職歴、実績について教えてください」
MR(医薬情報担当者)は医薬品の適正使用や有効性、安全性などの情報収取、提供などが主な業務です。専門性が高い職種のため、これまでの経験は大きな判断要素になります。簡潔に今までの仕事経験を伝えましょう。
また、実績に関して「どれだけの成果を上げたか」ということも大切ですが、それ以上に「何を考えて、どのような工夫をしたか」というプロセスや考え方が重要視される傾向にあります。MRは担当エリアが変わることも多く、異動の度にゼロから関係性を築かなければなりませんので、そうした状況の中でも成果を出せる人かどうかを見ようとします。自分なりの仕事に対する考え方や、コミュニケーションのとり方で工夫したことなどをしっかりと伝えましょう。

営業職の資質がみられる定番の質問は?

「これまでの仕事の中で一番成果を上げたのはどんなことですか」
営業職は結果が重視されると言っても過言ではありません。どんなにプロセスが良く、お客様と良い人間関係をつくっても、会社に利益を出さなければなりません。これまでの成功体験を通して営業としての資質を見ようとしているのです。自分が経験した成功事例をわかりやすく簡潔に伝えましょう。

「営業活動を進める上でのあなたの強みはなんですか」
営業スタイルは人それぞれですし、取扱う製品やサービスによっても営業スタイルが変わってきます。自社が扱う製品・サービスや社風に営業スタイルが合っているか、お客様と上手に付き合っていけるかといった点を判断するための質問です。粘り強く営業するといった性格的なことではなく、営業活動を進める上で自分なりに工夫していることを伝えましょう。

経理、総務など事務職種で聞かれる質問

「一番苦労したことはなんですか?」
経理職に特に求められる傾向は「几帳面さと正確さ」です。決算額の数字が合わないとなったら大きな問題になります。事業規模によっても担当業務内容は変わってきますが、「担当した業務を最後までしっかりと遂行できるか」「細かい業務にも対応できるか」といった能力を求められることが多いです。
これまでの経験から、課題をどのように改善し、業務を遂行してきたのかを伝えられると良いでしょう。未経験の場合には、正確性を求められた業務実績や、粘り強く最後までやり遂げた業務実績などをあげて、熱意を伝えられるとよいでしょう。

「なぜ総務職を志望するのですか?」
未経験から総務職を希望する場合に、特に聞かれやすい質問です。中には、総務職というと、求められる資格や実績も特になく、営業職のようなノルマもないから、といった消極的な理由で選択する人がいます。
総務職の仕事内容をしっかりと把握し会社に貢献したいと考え、前向きに総務職を目指している人を採用したいと企業は考えていますので、応募企業の総務職がどういった仕事をしているのかを理解して、「前向きに志望している姿勢や熱意」をきちんと伝えられるようにしましょう。

「質問はありませんか?」 逆質問では何を見られているのか?

面接の最後には定番の質問、「最後に何か質問があればどうぞ」「これで面接は終了となりますが、何か質問はありませんか?」というものがあります。
面接は、応募者も採用する側も双方の疑問解決の場でもありますので、面接時に疑問を感じたことがあれば、この時に質問をしましょう。

また、この逆質問は自己PRの場でもあります。例えば「私は○○の資格を持っていますが、採用された場合に新たに取得した方が良い資格はありますか?」など、入社に向けた意欲を見せる質問をすると良いでしょう。逆質問で面接官が見ているポイントは入社したいという気持ちの強さです。
とはいっても、分かりきった質問や調べれば分かる妥当な質問するのは逆効果です。逆質問をするためには、事前に企業研究をしておくことが必須で、準備をして面接に臨んでいるかを見ているとも言えます。

面接なのに、質問されないってどういうこと?

面接官からの質問が少ないまま終わってしまうと、「不合格かも…」と不安を覚えてしまいます。
確かに、質疑応答がうまくいかず答えがはっきりしないと判断されて質問がされない場合には、「不合格」となるケースもあるでしょう。しかし必ずしも「質問されない=不合格」ということではありません。

質問の答えが、充分な情報を簡潔にまとめた良い答えであれば、そこからの派生質問がなく、質問が少なくなっているのかもしれません。
面接官によっては、聞く項目を敢えて3~4つ程度に絞ってそれ以外聞かないという人もいます。
また、あえて質問を少なくして間を作ることで、応募者の対応やストレス耐性を判断するといった面接手法もあります。
変に勘繰らずに、落ち着いて答えていきましょう。

面接官は何を見ているのか?

業種や職種によって多少質問は変わりますし、面接官のタイプもさまざまです。

しかし、面接官が見ている一番のポイントは、「一緒に仕事をしていける仲間になれるかどうか」「仕事を通じて自社に貢献してくれるかどうか」です。これを判断するために今までの職歴や経験、仕事に対する考え方などを質問しているのです。
面接の前に、今一度自分自身を見つめ直して、しっかりと準備をしてから臨むようにしましょう。

これ一冊で転職活動のすべてがわかる!
「転職必勝ガイド」差し上げます

転職サポートお申し込み

※ご来社いただいた方全員にプレゼントいたします。(求人がご紹介できない場合は、ご来社いただけない場合がございますことをご了承ください)

※転職必勝ガイドプレゼントは、お一人様1冊となります。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

新着コラム記事

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性

ご利用者様の声

その他業界・学術・DI(27歳・女性)

企業の情報提供量が多く、質問にも迅速に対応して下さりました。また面接対策についても、それぞれの企業の特色や質問例を提示して下さりました。