スマートフォン版はこちら

Web面接の流れと注意するポイントとは?(場所、服装、デバイスなど)現役キャリアアドバイザーが解説

web_interview_1.png

新型コロナ禍で一気に進んだテレワークの影響で、Web面接を導入する企業が増えています。従来の対面式の面接に代わって、Web面接が主流になってきました。とくにIT業界では、面接の大半がオンライン上で行われています。そこでWeb面接の基本から注意点、通過率を上げる秘訣などを、パソナキャリアで活躍するキャリアアドバイザーに聞きました。

Web面接とは

Web面接とは、インターネットを利用してオンライン上で行う面接のことです。
従来の対面式の面接をPCやタブレット、スマートフォンからツールやアプリを使って行います。

Web面接の事前準備(ツール、場所、背景、デバイスなど)

1.Web面接ツールの動作確認

書類選考を通過し、面接の日程が確定すると応募企業や転職エージェントからWeb面接の連絡とURLが送られてきます。まずは使用するWeb面接ツールの確認を行いましょう。アプリのインストールやアカウント登録が事前に必要なものもあります。

代表的なWeb面接ツールは「Zoom」「Google ハングアウト」「Google Meet」「Whereby」「Cisco Webex」、「Microsoft Teams」などがあり、最近では企業側で独自のWeb会議ツールを利用していることもあります。

ツールの準備が整ったら実際に使用して、家族や友人とオンライン通話のテストを行いましょう。基本操作のほか、音声の聞こえ具合(声のボリューム)や自身の映り方(明るさ)などを確認しておきます。

2.Web面接に適した場所・背景

多くの方が自宅からWeb面接に臨んでいますが、過去に「自宅の背景に清潔感がなかった」という理由でお見送りになったケースもあります。洗濯物やポスターなど生活感あふれる背景が映りこまないように、事前に環境を整えておきましょう。シンプルな壁や閉めたカーテンを背景にするのがオススメです。
Web面接で明るい印象を与えるためには、暗い場所での面接はNG。太陽光だけでなく、部屋の電気や照明を使って表情が明るく見えるようにします。

自宅の環境を整えるのが難しい場合は、個室や小さな会議室をレンタルする方法もあります。転職エージェントを利用している場合は、専用ブースを貸し出していることもありますので、活用するのもオススメです。面接に適した場所がないからといって、ネットカフェやカラオケ・マンガ喫茶など周囲の雑音が入る場所は、悪印象になるので避けた方が良いでしょう。

3.Web面接で使用するデバイス PC、スマホ、タブレット(iPad)

Web面接で使用するデバイスはPC、タブレットのほか、スマートフォンでも問題ありません。ただし、スマートフォンは画面が小さいので採用担当者のリアクションや画面共有された資料などが見えづらいのであまりオススメできません。

また、Web面接では安定した通信環境が必須のため、ポケットWi-Fiではなく固定回線を選択したほうが良いでしょう。Web面接用にイヤホンやヘッドセット、マイクを用意しておくと、お互いの声が聞き取りやすくなります。

Web面接時間は対面式の面接と変わらず30分~1時間程度が多く、デバイスの充電が途中で切れないように面接前に、フル充電をしておくことを忘れないようにしましょう。

Web面接当日の流れと面接中の注意点(服装、マナー)

Web面接当日の流れ

面接時間の5分前には事前に送られてきたURLにアクセスしてWeb面接に臨みます。全体の内容は対面の面接と変わらず、質問されることは転職理由、自己紹介や志望動機など。その後、企業側から会社説明、募集内容の詳細説明などが行われるのが一般的です。

Web面接の服装

スーツやジャケットなど、きちんとした印象を与える対面面接と同様の服装が基本です。業界によっては堅苦しすぎると逆効果になる場合もあるので、「服装自由」の場合にはカットソーにカジュアルなジャケットを羽織るなど、カジュアルだけど崩しすぎない服装が良いでしょう。面接先のWebサイトを事前にチェックして、その企業の社員がどのような服装で仕事をしているのか確認しておくと安心です。

また、相手に見えないからといって上半身だけ着替えるのではなく、気持ちを整えるためにも、全身しっかりと着替えて面接に臨むようにしましょう。

いつもより丁寧に話し、相づちはしっかり打つ

自宅などプライベート空間で面接を行うため、どうしても油断してしまうのがWeb面接のデメリットです。話が盛り上がると、つい砕けた話し方になってしまうこともあるので、最初から最後まで緊張感をもって丁寧に応対することが大切です。また表情が読み取りやすい対面面接と違い、黙って聞いているだけでは「きちんと聞いているのだろうか」と企業側に悪印象を与えてしまいます。面接官の話の合間に、適度な相づちを打つようにしましょう。

目線はなるべく落とさない

PCを机上において画面をのぞくと視線が上から下へ向いてしまい面接官を見下ろしている印象を与えてしまいます。PCやタブレット、スマートフォンはカメラのレンズが目線の高さに合うような位置に置き、まっすぐカメラ目線で応対するようにしましょう。また面接中にメモをとる際キーボードを使うと、音が相手に聞こえてしまい、マイナスポイントにつながることもあります。手元にペンと紙を用意して、相手の顔を見ながらメモをとるように心がけましょう。

回線が繋がらないときの対応

事前準備をしていても、面接中に電波が悪くなることは珍しくありません。相手の声や映像が途切れる、自分の声が届かないといった場合は、一度ツールを切って電話で先方に連絡をとりましょう。電話の場合はそのまま面接が続行できることもあるので効率的です。トラブルに対する即座の対応は、好印象を与えることにもつながります。トラブル回避のためにも、面接官の直通番号を事前に確認しておくことが重要です。

Web面接を成功させるために、転職エージェントを活用しましょう

求職者・採用側の双方に多くのメリットがあることから、ますます広がっていくことが予想されるWeb面接。情報が画面越しに伝わるため、周囲の環境や自身の見え方、通信環境の整備がとても重要になってきます。

実際のWeb面接で「受け答えの姿勢から、信頼性を感じられなかった」などの理由から、採用に至らなかったケースもあります。

こうしたリスクを回避し、慣れないWeb面接を成功させるためにも転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。パソナキャリアではWeb面接を行う環境がない方には会議室やPCの貸し出し、Web模擬面接も実施しています。(※ご登録頂いた方のみ利用できるサービスです)実際にツールを使ってシミュレーションしながら、映り方や話し方、服装などのアドバイスを受けることができます。是非、サービスを活用していただき、オンライン上で自身の魅力を最大限に伝えるテクニックを身につけてください。

〈話し手 プロフィール〉

キャリアアドバイザー 柴田 啓喜

新卒で大手総合商社系SIerに入社後、SEとしてグローバル基幹システムなど各種プロジェクトに従事。2014年にパソナキャリアへ入社し、SIerからコンサルティングファーム、外資ベンダーまでIT業界の各クライアントの中途採用支援、並びに転職サポートに従事。
2018年からは事業会社の採用マネージャーとして、採用戦略立案・実行を推進した後、これまでの経験を活かしながらIT業界での中途採用・転職サポートに従事している。

【得意分野】

エンジニア経験・事業会社側での採用経験・人材紹介業での経験を活かし、IT業界の中途採用/転職を包括的にサポート。
その中でも事業推進の肝となるハイレイヤー人材の中途採用/転職に強みを持つ。

転職を検討しているあなたにおすすめの記事はこちら

IT・Webエンジニアの求人・転職情報

職務経歴書の書き方見本&フォーマットテンプレートダウンロード

面接で注意したい言葉遣いと間違えやすい敬語の正しい使い方

新型コロナ禍で不安な状況の中、転職活動は可能?最新求人動向データと転職活動アドバイス