スマートフォン版はこちら

豊田市の製造業(メーカー)の求人・転職情報

転職エージェント「パソナキャリア」が紹介する豊田市の製造業(メーカー)の求人情報。
高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがひとつ上のレベルの転職を支援します。

公開中の求人150件中 1~20件を表示

  • トヨタ自動車株式会社
    海外事業担当[愛知/東京]★自動車生産台数世界トップクラス★

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 英語
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • フレックスタイム制度
    • 退職金制度有
    仕事内容

    下記業務において、常にお客様・販売店の声に真摯に耳を傾け、誰にも負けない「強み(専門性/スキル)」を徹底的に磨き得意領域を見つけご活躍いただきます。
    《 地域営業 》
    担当地域・国の営業オペレーション全般を海外事業体と共に推進して、台数・収益の最大化を目指します。具体的な業務は、導入モデルの商品企画、販促企画、モビリティーサービス企画、各モデルの販売価格設定、担当地域・国のオーダーと在庫の管理等、担当地域の拡大に向けた業務をお任せします。
    担当した国の事業・販売をトータルで担当できるため、やりがいやおもしろさも直に感じることができます。
    《 商品企画・事業企画 》
    将来起こり得る市場の変化、お客様の期待値を先読みして、「もっといいクルマづくり」を社内関係部署(技術、各地域の営業部、生産管理部、各カンパニー etc)と共に推進します。
    具体的にはグローバルモデルの商品企画、事業企画、販促企画、ブランド企画、価格・収益管理、グローバルでのオーダーと在庫の管理等、幅広くお任せします。自分が携わった仕事がクルマという「商品」として世に出ることや業界全体や会社がどのように動いているかを実感することができます。
    ★下記経験及び語れるエピソードがある方是非応募ください。
    ・コミュニケーション能力が高く、常に主体的に周囲に働きかけて仕事を進めていける方
    ・困難な壁にぶつかっても、諦めずに最後まで粘り強く臨める方
    ・常に謙虚に自らと向き合って専門性を磨き続ける努力を怠らない方

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市本社 又は名古屋オフィス
    東京都文京区後楽1丁目4-18

    担当者のコメント

    ーーーーーー 誰もが知る、「TOYOTA」の車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです! ーーーーーーーーー
    ★100年に一度の大変革期の中、全社収益の柱である海外販売の更なる維持・強化に向けた募集となります★
  • トヨタテクニカルディベロップメント(TTDC)株式会社
    特許技術者【トヨタ自動車100%出資子会社】

    年収
    400万円~700万円
    勤務地
    愛知県
    • 正社員
    • 英語
    • 採用人数5名以上
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • フレックスタイム制度
    • 退職金制度有
    仕事内容

    国内/海外の特許調査・解析・特許出願・権利化支援
    ■車両開発における、特許権利化業務の支援 ■発明の発掘活動
    ■開発部署と一体となって開発テーマに関する特許網の形成を支援(特許調査、技術動向解析、特許マップ作成、アイデア相談など)
    ■発明の従来技術調査および権利化可否の検討
    【会社の特徴】
    ・トヨタ自動車直系でより技術者や開発に深く関われます。自動運転やテレマティクス、コネクティッド、電池技術など、100年に一度の大変革期を迎える自動車業界で、世界最先端の技術を取り扱うことができます。
    ・社内の特許技術者120名。特許・知財業界では国内トップクラスの規模。
    ★働きやすさ:コアタイムなしのフレックスタイム制を導入
    ・残業平均23時間/月。勤務時間管理は厳格に行っています。
    ・育児休職制度:勤続1年以上であれば、約2年間取得可能。復帰後も小3まで時短勤務制度があります。
    ・年次有給休暇取得率95.3%
    ・ペーパーレス、フリーアドレスのオフィスエリア
    ・チームで仕事をする職場風土
    ・社員食堂は大好評のバイキング

    会社特徴

    ★★トヨタ自動車100%出資子会社、トヨタ自動車の知的財産・計測制御を担います★★
    ■2016年1月より設計部門がトヨタ自動車に吸収合併されました。今後はトヨタ自動車唯一の開発パートナーとして培った技術力をもとに、知的財産事業、計測制御事業の2本柱を中心に事業を進めていきます。最先端の自動車開発に非常に近い位置で、自身の技術を磨くことができます。
    ■知的財産・計測制御という新車開発には欠かせない分野のプロフェッショナルという立場から、トヨタ自動車の先端技術開発を導く存在として引き続き強固な関係を深めていきます。
    ■中途入社の方の割合も多く、社員を大事にする社風から働きやすい環境が整っています。加えて、トヨタグループとしての充実した福利厚生もあり離職率は非常に低いです。
    ・平均残業時間(2016年度実績)…22.7時間
    ・年次有給休暇(年休)取得率…95.3%  
    ※年休取得促進のため、記念日年休、連続3日間の年休取得が各職場で取得奨励されています。
    ・フレックスタイム制導入済み  
    ※日中のコアタイムはなく、朝6:00から夜10:00までの間で、柔軟な勤務時間を選択可能
    ・その他福利厚生面も充実しております。

    勤務地

    愛知県豊田市花本町井前1番地21

    担当者のコメント

    トヨタ自動車100%出資子会社。トヨタ自動車唯一の開発パートナーとして培った技術をもとに特許・計測事業を担います。
    特許事務所でもなく企業の知財部門でもない、特許知財業界でも独自の立ち位置でトヨタグループの技術開発に貢献できます。
  • トヨタ自動車株式会社
    グローバル調達《ユニット部品》【本社勤務】

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • フレックスタイム制度
    • 退職金制度有
    仕事内容

    世界No.1の競争力実現のため、ものづくりに情熱を持ち、社内外の多くの仲間と連携して業務に取り組んで頂きます。 「最も良い製品を、最も安く、最も早く、長期安定的に調達する」ために、自ら企画し、社内外の多くの関係者を巻き込みながら、品質/供給/原価を徹底的に磨き上げていただきます。
    ユニット部品の発注戦略立案、発注先/価格の決定等を担当いただきます。
    【業務の詳細】
    ■発注戦略立案
    ■車両やエンジン等のプロジェクトのモデルチェンジに伴う発注先/価格決定
    ■仕入先と一体となった購入部品の原価低減
    ■仕入先経営体質強化
    ■車両やエンジン等の生産に関わる部品供給問題への対応(含むBCP)
    ■海外事業体調達業務の支援(発注戦略立案、等)
    ■スタートアップ発掘等の新規仕入先選定
    ■CASE関連の外部パートナー戦略の策定
    【対象部品】
    エンジン、トランスミッション、ハイブリッド/EV/FC関連部品、
    コネクティッド/自動運転関連の部品やソフト、他
    【部署情報】総勢130名
    【当ポジションの魅力】
    クルマの基幹部品であるエンジン、トランスミッション、及び日々進化するCASEに対応していくための部品やシステムの調達業務を担当しております。若手が多くて賑やかな雰囲気の部署です。またCASE等の新価値領域におけるビジネスモデルの企画など、幅広い業務を担当することができ、旧来の自動車産業の枠組みを超えたビジネススキルを獲得する事ができます。

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市トヨタ町1番地 【本社】

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    コネクティッドカーの車載アンテナシステム開発

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【概要】
    コネクティッドカー社会の到来で、クルマの可能性は大きく広がっています。
    特に、人とクルマと町(インフラ)とつながる
    『車載コネクティッドシステム』はますます重要になっています。
    これらを支える基盤となる「車載アンテナ及び無線通信システム」開発をしています。
     
    【業務の詳細】
    ・アンテナの企画・仕様・製品開発
    ・ラジオ、TV等の各メディアの受信性能開発
    ・車両最適アンテナ及び無線通信システム要件開発
    ・車載アンテナケーブル及びコネクタ開発

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    パートナーシステムの開発および新価値・新ビジネスの創出

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    東京都
    • 上場企業
    • 正社員
    • 採用人数5名以上
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    「人と気持ちの通い合う、頭脳を持った近未来カ―」として、人の状態や思考、クルマの状況・シーンを深く理解・判断し、最適な支援をするシステムを開発します。
    上記のために、人工知能・データマイニング・ヒューマンセンシング・人間工学等の最先端技術を駆使した要素技術および音声中心の対話型コミュニケーションシステム・アプリケーションを先行開発する仕事です。
    【実務事例】
    ・データベース設計技術を活用した、個人の特性、嗜好抽出技術開発
    ・自然言語処理技術を活用した、対話システムの開発

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    東京都23区内事業所
    愛知県豊田市

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    MaaS車両 運行管理システム開発

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 英語
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【業務の詳細】
    ■Out-car・運行管理システムの開発
    -複数の自動運転MaaS専用車を遠隔で監視、走行支援、配車するクラウドシステムの開発
    -トヨタのLv4 MaaS自動運転を含む自動運転プロバイダーとライドシェア、カーシェア等のサービスプロバイダーと連携し、サービスを実現可能なプラットフォーム企画およびアーキテクチャ企画・開発
    -社内外複数の関係部署と連携し、モビリティサービスプラットフォームのコア技術の開発
    【業務概要】
    コネクティッドカー社会の到来で、クルマの可能性は大きく広がっています。
    特に、人とクルマと町(インフラ)とつながる『コネクティッドシステム』はますます重要になっていきます。その中でもOut-car・運行管理システムは様々なサービス、自動運転を含む様々な車両制御システムとつながることで、モビリティサービスを実現する重要なシステムとなっていきます。

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市
    東京都23区

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    コネクティッドカーの車載アンテナシステム開発【愛知】

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【概要】
    コネクティッドカー社会の到来で、クルマの可能性は大きく広がっています。
    特に、人とクルマと町(インフラ)とつながる
    『車載コネクティッドシステム』はますます重要になっています。
    これらを支える基盤となる「車載アンテナ及び無線通信システム」開発をしています。
     
    【業務の詳細】
    ・アンテナの企画・仕様・製品開発
    ・ラジオ、TV等の各メディアの受信性能開発
    ・車両最適アンテナ及び無線通信システム要件開発
    ・車載アンテナケーブル及びコネクタ開発

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市トヨタ町1番地【本社】

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    将来パワートレーンの研究・開発

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【業務の概要】
    2030年にグローバル販売台数における電動車を550万台以上を目指すチャレンジ目標を発表し、全社を挙げて車両開発を加速させています。
    情熱を持って、世界中のお客様の期待に応える新たな将来パワートレーンの
    研究・開発をリードできる、幅広い技術の即戦力人財を求めています。
    【業務の詳細】
    将来電動化パワートレーンシステムの先行開発
    ・次世代ハイブリッドシステム
    ・次世代EVシステム
    上記を支える将来要素技術の先行開発
    ・将来電池システム
    ・将来モータ、PCU開発
    ・超高効率エンジンの開発
    ・ゼロエミッション・ゼロCO2技術の開発
    ・制御システム開発 等

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市
    静岡県東富士研究所

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    将来パワートレーンの研究・開発

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【業務の概要】
    2030年にグローバル販売台数における電動車を550万台以上を目指すチャレンジ目標を発表し、全社を挙げて車両開発を加速させています。
    情熱を持って、世界中のお客様の期待に応える新たな将来パワートレーンの
    研究・開発をリードできる、幅広い技術の即戦力人財を求めています。
    【業務の詳細】
    将来電動化パワートレーンシステムの先行開発
    ・次世代ハイブリッドシステム
    ・次世代EVシステム
    上記を支える将来要素技術の先行開発
    ・将来電池システム
    ・将来モータ、PCU開発
    ・超高効率エンジンの開発
    ・ゼロエミッション・ゼロCO2技術の開発
    ・制御システム開発 等

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市
    静岡県東富士研究所

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    CASE革新に向けた技術系職種[オープンポジション]

    年収
    年収非公開
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    自動車業界が直面する”CASE”革新。次の世代のモビリティーを創造する為ご経験などに応じて以下のような業務をお任せ致します。
    【未来創生領域】パートナーロボットのマニピュレーション技術の開発業務、CO2フリー熱電併給システム開発、都市インフラ計画、産学連携による基盤技術開発、ヒューマンサイエンス領域、
    【パワートレーン領域】
    HV/EV電池における開発/材料開発/量産技術開発、発電駆動用モータ開発、パワートレーン制御開発、コネクティッド・AI技術応用、電動車両制御、先端制御技術開発、高圧水素タンク開発、次世代キーデバイス向け革新生産技術開発、次世代燃料電池の立ち上げ、シミュレーションでの電磁気性能開発、触媒研究、次世代パワートレーン開発、鋳造部品計画、
    【調達】
    部品(ボデー、ユニット、設備、物流)の発注戦略立案
    【新規事業開発】
    プレジャーボート開発、健康分野(農業・バイオ技術を活用した)での事業企画、新規事業開発、ベンチャービジネス(VB)協業・投資関連業務
    【アフターサービス/品質保証】
    データサイエンティスト育成の企画・運営、販売店/代理店の事業中期戦略・方針の策定と推進、グローバル用品戦略立案や用品企画、用品の品質保証、販売店(ディーラー)におけるIT化による生産性向上、各団体や官公庁との渉外業務、お客様からの声の集約~分析、コールセンター企画、アフターサービス施策の企画、営業(供給・販売)戦略企画立案と実行、市場品質問題の早期発見、
    【先進技術開発】
    内外装機能部品のシステム開発、車体構造開発、先進安全システムの先行・製品開発、知的財産業務、認証取得業務のシステム化、分子・材料系シミュレーション技術開発、無機機能材料開発、有機機能材料開発、実証試験車・コンセプト試作車の制御開発、業務基幹システムの開発、車両HILSの構築、バーチャル試作車の開発、車載通信システムの開発、人工知能やビッグデータにおける戦略立案/新ビジネス創出/業務改革、電子システムの開発、車載電源システム開発、衝突安全開発のプロジェクトマネジメント、モビリティの信頼性開発、熱流体(空力・冷却・空調)・燃費性能の開発、人間工学性能に関する研究・開発
    【コネクティッド】
    ECU開発、ビッグデータを活用した新サービス開発
    【生産技術/製造】
    生産技術開発および生産準備業務(車両、組立、塗装、表面加飾、樹脂部品、フィルム、樹脂成形)、「世界同一品質維持する」品質管理業務、工場における環境戦略立案 /推進、プロジェクトマネジメン

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市、日進市、名古屋市、田原市の各拠点

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。
  • トヨタ自動車株式会社
    自動運転向け車両制御技術の開発および自動運転システムの設計

    年収
    ※経験に応ず
    勤務地
    愛知県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 採用人数5名以上
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容


    自動運転を始めとする次世代モビリティの実現に必要不可欠となる高度な車両制御技術を確立する仕事、およびそのノウハウを生かし、自動運転や次世代予防安全技術のシステム企画を行う仕事です。
    自動運転および次世代予防安全技術に対応する車両制御システムの開発
     ◇車両制御システムアーキテクチャ設計
     ◇車両制御システムアルゴリズム設計、実装
     ◇開発、評価ツール整備
     ◇車両制御システム性能評価
    自動運転および次世代予防安全技術のシステム企画
     ◇システムアーキテクチャ設計
     ◇システム目標性能設計、割り付け設計

    会社特徴

    世界最大級の自動車メーカー。豊田佐吉氏が創業した「豊田自動織機製作所」内の自動車部としてスタート。「クラウン」「マスター」(1955年)、「カローラ」(1966年)などをヒットさせ、国内最大の自動車メーカーへと成長。1997年に発売したハイブリッドカーの「プリウス」は、2008年に累計販売台数100万台を、2009年には同200万台を突破。2005年からは、高級車の「LEXUS」を販売。連結子会社に、日野自動車、ダイハツ工業などを抱える。
    ★自動車生産台数 世界トップクラス★
    自動車メーカーとして生産世界トップレベル(グループ総数)に立つ日本最大の企業です。「改善(カイゼン)」、ジャストインタイム(カンバン方式)、トヨタ生産方式等の同社ならではの生産・経営ノウハウを確立し、その方式は他社・他業界でも積極的に採用されています。
    ★世界最大、最強の開発体制★
    「環境」「安全」「エネルギー」をキーワードに研究開発に取り組んでおり、その研究開発費は1兆円にのぼります(2017年)。

    勤務地

    愛知県豊田市
    静岡県裾野市

    担当者のコメント

    誰もが知る、TOYOTAの車。愛知県、日本が誇る世界最大手の完成車メーカーです。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性

ご利用者様の声

機械・精密機器業界・法人営業(28歳・女性)

業界を絞らず様々な会社を紹介いただき、選択肢があったのが良かったです。また、選考企業との折衝等もしていただき無事内定を得ることができたので非常に良かったです。ありがとうございました。

関連の求人を探す