スマートフォン版はこちら

製造業(メーカー)のベンチャー企業の求人・転職情報

転職エージェント「パソナキャリア」が紹介する製造業(メーカー)のベンチャー企業の求人情報。
高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがひとつ上のレベルの転職を支援します。

公開中の求人44件中 1~20件を表示

  • Telexistence株式会社
    【プロジェクトマネージャー】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    700万円~800万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    遠隔操作ロボット技術を核にした同社で活躍していただけるプロジェクトマネージャーを募集しております。
    現在はファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■顧客との対話を通したプロダクトの要件定義、機能の提案。
     顧客ニーズを満たす機能やUXを提案し、実現性を技術チームと検討して開発要件のバックログへ積み、積まれたバックログをエンジニアと協力して実現。
    ■プロダクトのP/L、スケジュールを成立させるための開発機能の優先順位付け。
     開発チームと連携し要件のインプットと進捗のトラッキング。
    ■製品を市場投入するにあたり、新規に出てくる課題解決方法の検討と実行。
     単に「これは動きません/使えません」ではなく「ここが課題で、これを解決すれば良くなる、そのために○○をすればよいのでは」という粒度まで分析。
    ■プロダクトの開発予算の予実管理、事業計画や助成金のための技術に関連する事務業務(技術進捗報告書の作成など)
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • GROOVE X株式会社
    【日本橋】家庭型ロボットを進化させるスクラムマスター

    年収
    600万円~1000万円※経験に応ず
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    同社は新世代家庭用ロボット(LOVOT)を開発しています。
    スクラム開発を潤滑に行うべく、人や組織のサポートをしていただくスクラムマスターを募集いたします。
    実際の開発業務はありませんが、開発メンバーのチーム運営をサポートし、組織作りに寄与していただくポジションです。
    【具体的には】
    ・2、3のチームのスクラムマスターとして開発チームのサポート
    ・アジャイル/スクラムトレーニングの計画と実行。
    ・他のスクラムチーム、プロジェクトとの調整
    【同社について】https://lovot.life/
    ■「人に寄り添い、心を満たすロボットを」という開発コンセプトのもと、特段優れた機能を持たないノンバーバルロボットを開発しております。
    ■これまでに約80億円の大規模資金調達をしており、今後の製品化が期待される企業です。
    ■同社はフラットな組織体制を取っており、管理職がいません。全員がプレイヤーとしてひとつの目標に向かっている組織です。
    ■2018年12月には製品発表会が行われ、製品の全貌が明らかになりました。また、予約販売では初月販売セット分が募集から3時間で終了するなど、市場からの期待値の高さも伺える状況です。

    会社特徴

    ★★ 約80億円の大規模資金調達を完了。新世代の家庭用ロボット開発に取り組むメーカー ★★
    【会社概要・特徴】
    ■「人に寄り添い、心を満たすロボットを」という開発コンセプトのもと、特段優れた機能を持たないノンバーバルロボットを開発しております。
    ■これまでに約80億円の大規模資金調達をしており、今後の製品化が期待される企業です。
    ■同社はフラットな組織体制を取っており、管理職がいません。全員がプレイヤーとしてひとつの目標に向かっている組織です。
    ■2018年12月には製品発表会が行われ、製品の全貌が明らかになりました。また、予約販売では初月販売セット分が募集から3時間で終了するなど、市場からの期待値の高さも伺える状況です。
    ■2019年1月にはCESに出展。全4,500社が参加するCES2019のROBOT部門にて、アメリカの大手IT系メディアThe Vergeが主催する、「the Verge Awards at CES 2019」のBEST ROBOT、大手ガジェット系メディアEngadgetが主催する「Best of CES」のファイナリストに選出されました。
    【創業者の経歴】
    ■代表はPepperの元開発リーダー
    代表の林様はトヨタ自動車にてスーパーカーLFAなど空力開発に従事、その後ソフトバンクにてPepperの開発に携わられた方です。その後、2015年11月GROOVE Xを設立しました。

    勤務地

    東京都中央区日本橋浜町3-42-3住友不動産浜町ビル

    担当者のコメント

    ★★ CES2019で最優秀ロボットに選出/約80億円の資金調達を行った新世代の家庭用ロボットメーカー ★★
     ----- メディア露出多数/いま最も勢いのあるロボットベンチャー/日系大手メーカーからの転職者多数 -----
  • GROOVE X株式会社
    【日本橋】ECサイトのバックエンドエンジニア

    年収
    600万円~1000万円※経験に応ず
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    現在LOVOTはECサイトと複数の実店舗で販売しておりますが、そのECサイトはまだまだ改善の余地が多くあり、入社後はまずはECサイトや関連するWebサイトの開発を中心に行っていただく予定です。
    また、ご自身の興味に応じ、ECサイト以外のWebシステム(ユーザー向けサイト、デバイス向けバックエンドなど)や、さらにはLOVOT本体の開発に関わることもできます。
    【具体的には】
    Webシステムの設計・開発・運用
    ・ECサイト(store.lovot.life)の開発 *(1)
    ・購入者向けWebサイト(https://my.lovot.life)の開発 *(2)
    ・希望に応じ、その他WebシステムやLOVOT本体の開発
    *(1) : ECサイト
    現在LOVOTはECサイトと複数の実店舗で販売しておりますが、特にECサイトは、地域に囚われずにLOVOTを広めるためにはとても重要な役割を担っています。そのECサイトですが、まだまだ改善の余地が多くあり、スピーディーかつ継続的に開発をしていく必要があります。入社後はまずはECサイトや関連するWebサイトの開発を中心に行っていただく予定です。
    *(2) : デバイス向けWebシステム
    弊社のWebシステムはEC以外にもLOVOT本体、アプリ、物流システム、他Webサービスなど、さまざまな用途に使われています。中でもデバイス向けのWebシステムはLOVOTの本体が提供するさまざまな機能にとって、重要な役割を果たしています。ご自身の興味に応じ、ECサイト以外のWebシステムや、さらにはLOVOT本体の開発に関わることもできます。
    <開発環境>
    ・開発言語: HTML, CSS, JavaScript (Vue.js, React, etc), Java, Goなど
    ・インフラ: Google Cloud Platform (GAE, GKE, Cloud IoTなど)、Heroku、Commerce Cloud
    ・開発手法:スクラム
    ・その他ツール:Circle CI, GitHub, JIRA, IDE(Jetbrains社各製品、VSCode), Slack
    <組織>
    現在ECサイト関連の事業に携わっている方は2名いらっしゃいます。
    1名はWebやアプリ開発を行っており、もう1名の方はベンダーとのやり取りを行っています。

    会社特徴

    ★★ 約80億円の大規模資金調達を完了。新世代の家庭用ロボット開発に取り組むメーカー ★★
    【会社概要・特徴】
    ■「人に寄り添い、心を満たすロボットを」という開発コンセプトのもと、特段優れた機能を持たないノンバーバルロボットを開発しております。
    ■これまでに約80億円の大規模資金調達をしており、今後の製品化が期待される企業です。
    ■同社はフラットな組織体制を取っており、管理職がいません。全員がプレイヤーとしてひとつの目標に向かっている組織です。
    ■2018年12月には製品発表会が行われ、製品の全貌が明らかになりました。また、予約販売では初月販売セット分が募集から3時間で終了するなど、市場からの期待値の高さも伺える状況です。
    ■2019年1月にはCESに出展。全4,500社が参加するCES2019のROBOT部門にて、アメリカの大手IT系メディアThe Vergeが主催する、「the Verge Awards at CES 2019」のBEST ROBOT、大手ガジェット系メディアEngadgetが主催する「Best of CES」のファイナリストに選出されました。
    【創業者の経歴】
    ■代表はPepperの元開発リーダー
    代表の林様はトヨタ自動車にてスーパーカーLFAなど空力開発に従事、その後ソフトバンクにてPepperの開発に携わられた方です。その後、2015年11月GROOVE Xを設立しました。

    勤務地

    東京都中央区日本橋浜町3-42-3住友不動産浜町ビル

    担当者のコメント

    ★★ CES2019で最優秀ロボットに選出/約80億円の資金調達を行った新世代の家庭用ロボットメーカー ★★
     ----- メディア露出多数/いま最も勢いのあるロボットベンチャー/日系大手メーカーからの転職者多数 -----
  • GROOVE X株式会社
    【日本橋】要素開発検証エンジニア※家庭用ロボット/転勤無

    年収
    500万円~1000万円※経験に応ず
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    製品の出荷が昨年に始まったばかりのLOVOTですが、まだまだ製品として改良するべき点が数多くあり、その一躍を担っていただきたいと思います。
    【業務内容】
    要素技術の評価方法の立案・検証・問題分析・改善提案・改善結果の確認までを一貫して行っていただきます。
    所属チーム:QbD(Quality by Design)チーム
    ※LOVOT全体の品質設計をするチームという想いを込めてつけられたチーム名です
    【同ポジションで大事にしていること】
    1.粘り強く品質の改善・向上を実施
     客観的視点で問題点分析や改善案の比較テストを行っています。
     すぐに解決策が出ないこともありますが、自分たちで限界や範囲を決めず改善案を発案し、
     十分な結果が得られるところまで何度も粘り強くテストを繰り返しています。
    2.わかりやすい資料作成と周囲とのコミュニケーションによる問題解決
     製品に発生する問題に対する解決方針の説明や計測データとそれに対する考察・結論の説明について、
     チーム外の人にもわかりやすい資料を作り、残していくことを意識しています。
     まとめた資料を用いた社内共有を行い、次に繋げていくコミュニケーションを心がけています。
    3.チームワーク
     いつもよく話をして、助け合って進めてます!
    【GROOVE X社について】(https://lovot.life/)
    GROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。
    GROOVE Xの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。それは、将来癒しを与える存在を超え、人の潜在能力を向上させる力も持ち得ると考えています。
    ■LOVOT [らぼっと] とは 『LOVOT』は人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません。人に甘えて邪魔もしてくるし、時には知らない人に人見知りをするかもしれません。 だけど、一緒にいるとホッとする、うれしくなる、笑ってしまう。なんだか、あたたかい気持ちになってくる。 そんな風にロボットが人と信頼関係をつくり、生活に潤いと安心を与えられる存在になれば、人のパフォーマンスは高められるはずです。
    ※LOVOTは今までのロボットにはない”温かさ”を重視しています。心地よい熱をユーザーに伝えることと、内部の機能を守るための排熱を同時に達成しなければならない難しいプロダクトです。 また、生命感を持たせるため、樹脂だけではなく新しい素材を取り入れるなど、試行錯誤を繰り返し開発を進めております。

    会社特徴

    ★★ 約80億円の大規模資金調達を完了。新世代の家庭用ロボット開発に取り組むメーカー ★★
    【会社概要・特徴】
    ■「人に寄り添い、心を満たすロボットを」という開発コンセプトのもと、特段優れた機能を持たないノンバーバルロボットを開発しております。
    ■これまでに約80億円の大規模資金調達をしており、今後の製品化が期待される企業です。
    ■同社はフラットな組織体制を取っており、管理職がいません。全員がプレイヤーとしてひとつの目標に向かっている組織です。
    ■2018年12月には製品発表会が行われ、製品の全貌が明らかになりました。また、予約販売では初月販売セット分が募集から3時間で終了するなど、市場からの期待値の高さも伺える状況です。
    ■2019年1月にはCESに出展。全4,500社が参加するCES2019のROBOT部門にて、アメリカの大手IT系メディアThe Vergeが主催する、「the Verge Awards at CES 2019」のBEST ROBOT、大手ガジェット系メディアEngadgetが主催する「Best of CES」のファイナリストに選出されました。
    【創業者の経歴】
    ■代表はPepperの元開発リーダー
    代表の林様はトヨタ自動車にてスーパーカーLFAなど空力開発に従事、その後ソフトバンクにてPepperの開発に携わられた方です。その後、2015年11月GROOVE Xを設立しました。

    勤務地

    東京都中央区日本橋浜町3-42-3住友不動産浜町ビル

    担当者のコメント

    ★★ CES2019で最優秀ロボットに選出/約80億円の資金調達を行った新世代の家庭用ロボットメーカー ★★
     ----- メディア露出多数/いま最も勢いのあるロボットベンチャー/日系大手メーカーからの転職者多数 -----
  • Telexistence株式会社
    【電気エンジニア】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    600万円~750万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    遠隔操作ロボット技術を核にした同社で活躍していただける電気エンジニアを募集しております。
    現在はファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■プロダクトの要件使用から電機システムの要件使用を策定し、使用を満たす電気システムを設計する
    ■電気回路図、PCBレイアウト設計
    ■設計した基盤を製造するための外部ベンダーの管理
    ■設計した電機システムの評価、及び発見された課題の原因調査と対策
    ■電気基盤に搭載されるマイコン(STM32)の制御ファームウェアの実装
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • Telexistence株式会社
    【フロントエンドエンジニア】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    600万円~750万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    遠隔操作ロボット技術を核にした同社で活躍していただけるフロントエンドエンジニアを募集しております。
    現在はファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■同社が開発しているシステムのGUI部分の要件定義および設計開発
    ■ロボットの管理システムのGUIの実装
    ■ロボットを操作するVRシステムのGUIの実装
    ■同社のシステム全体のUI/UXの顧客フィードバックに基づく継続的な改善
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • Telexistence株式会社
    【ロボットハンドの機構設計】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    600万円~750万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    遠隔操作ロボット技術を核にした同社で開発中のロボットハンドの機構設計を担当していただける方を募集しております。
    現在はファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■実環境でも使用に耐えるロボットハンドの新規開発
    ■要件定義から試作・評価検証を通して製品に求められる機能要件を抽出し、設計に落とし込む
    ■アクチュエータ(DCモータ、ステッピングモータ、エアシリンダなど)や動力伝達機構(ギア、タイミングベルト、リンクなど)から用途・製薬に応じて最適な方式を選定
    ■コストや品質・量産数を考慮した最適な製造方法立案
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • Telexistence株式会社
    【ロボットの制御システム開発】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    700万円~850万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    遠隔操作ロボット技術を核にした同社で開発しているロボットの制御システム開発を担当していただける方を募集しております。
    現在はファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■顧客ニーズに応じた制御ソフトウェアおよび周辺システムの実装及び顧客フィードバックに基づく継続的な改善
    ■同社開発中のロボットの制御ソフトウェア設計・開発・テスト・実装
    ■同社ロボットの周辺システムの設計・開発・テスト・実装
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • Telexistence株式会社
    【ストアディレクター】東京/転勤無/遠隔操作ロボット

    年収
    500万円~700万円
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    仕事内容

    同社は現在、ファミリーマートと協業し、商品検品や陳列業務を遠隔操作化・自動化するロボティクスを軸とした新しい店舗運営プラットフォームの開発を行っております。
    【職務内容】
    ■小売店舗運営業務(販売接客、商品陳列、商品発注など)
    ■小売店舗経営業務(損益管理、在庫管理、スタッフマネジメントなど)
    ■複数店舗の運営や経営業務(中期的な業務として)
    ■店舗に導入されているロボット管理やオペレーション改善支援業務(実務レベルでの課題や改良点の報告など)
    【同社について】
    遠隔操作ロボットを開発する同社。
    2017年に設立した同社は、会長を務める舘暲博士をはじめ、三菱商事出身でジオデシック・キャピタルに在籍していた経験もある代表取締役CEOの富岡仁氏、舘教授の元でコアとなる技術を研究していた代表取締役CTOのチャリスフェルナンド氏、以前FOVEで技術担当を担っていたCPOの佐野元紀氏らが共同で創業しました。
    TELEXISTENCEを実現化させるために同社が特に取り組んでいるのが、遠隔地にいながら働くことができる遠隔労働です。
    アバターを通して工場や建設現場での作業を自宅から行うことができるため、高齢者など体力や視力が衰えた人でもアバターを通して経験や知識を活かして働くことができます。
    遠隔操作ロボットの分野で国内外から高い評価を受けており、遠隔存在、VR、通信、クラウド、触覚伝送技術を活用した空間を超える遠隔操作ロボット、量産型プロトタイプ MODEL Hを開発しました。
    今後の商業化を見据え、製品化前提に使いやすさ、耐久性の向上、起動・使用開始時間の短縮、デザインの洗練、労働が行える同社の製品を量産化するための製品開発を行っております。特に小売業界をターゲットとしております。
    <同社HP>https://tx-inc.com/ja/top/
    <製品YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=K00T67zqjpI

    会社特徴

    Telexistence社は、東大名誉教授の舘暲氏、で商社出身の富岡仁氏、舘氏の教え子で慶応大学院メディアデザイン研究科のチャリス・フェルナンド氏、元FOVEの技術担当である佐野元紀氏らで創業したスタートアップ企業です。
    遠隔地のロボットを分身(アバター)としてコントロールし、土地に縛られた肉体から自由を得て、あたかもそこにいるかのように動かせる。そんなテレイグジスタンス(Telexistence / 遠隔存在)の世界がいよいよ現実のものになろうとしています。研究のはじまりは1980年代と古くからあるものですが、ここに来て社会実装に向けた取り組みが大きく動きはじめています。Telexistence社では、あとわずか数年でテレイグジスタンス技術を使ったロボットを商用化する計画です。
    <ビジョン>
    世界に存在するすべての物理的な物体を我々の「手」で一つ残らず把握する。
    <ミッション>
    テレイグジスタンスの産業化を実現し、個人・企業・社会の生産性を飛躍的に向上させること。
    <パートナー企業>
    KDDI、AIRBUS VENTURES、Global Brain Corporation、U Tokyo IPC、JTB、科学技術振興機構 など

    勤務地

    東京都港区西新橋2丁目19-5カザマビル3階

    担当者のコメント

    【離れた場所にいるロボットと操縦者である人間が感覚を共有できるTelexistence(遠隔存在)】【ファミリーマートと商品陳列を行うロボットなど店舗運営プラットフォームの開発を協業中!】
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】知的財産部長★九州大学発ベンチャー

    年収
    840万円~1200万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    【募集背景】
    ★Hyperfluorescence技術の商品化に向けた知的財産部の責任者を募集
    ・知財戦略案
    ・知財関連控訴対応
    ・特許出願手続き
    ・特許拒絶対応
    ・特許譲渡、特許実施許諾契約
    ・年金管理
    ・特許調査、分析
    【部門構成】
    ●知的財産部:7名

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】データ技術職(電気解析)★九州大学発ベンチャー

    年収
    576万円~1100万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ■有機ELデバイスの電気解析取得
    ■有機ELデバイスの電気解析シュミレーション
    ■電気解析結果のデータベース構築/AIシステムへの反映
    【配属部署】
    開発部デバイスグループ

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】デバイス研究職マネージャー★九州大学発ベンチャー

    年収
    696万円~1200万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ■有機ELデバイスの研究・開発
    - デバイス設計
    - プロセス設計
    - デバイス作製・評価
    - デバイス解析
    - デバイス劣化解析
    - 材料物性評価
    ・グループメンバーマネジメント
    ・業務最適化
    【配属部署】
    開発部デバイスグループ(約30名在籍)

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】合成研究職★九州大学発ベンチャー

    年収
    576万円~850万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ・TADF発光材料とホスト材料に関する研究開発(分子設計など)
    ・OLED材料の合成及び反応設計
    ・有機化合物の分析(純度分析など)
    【配属組織】
    ●開発部合成グループ(約30名在籍)
    …研究 約10名
    …技術 約20名 …合成 約10名
            …デバイス 約10名
    【募集背景】
    これまでは研究だけに取り組んできましたが、
    商品化に伴い、今後はお客様対応も必要となることを想定した募集です。

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】合成研究職マネージャー★九州大学発ベンチャー

    年収
    696万円~1200万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ・TADF発光材料とホスト材料に関する研究開発(分子設計など)
    ・OLED材料の合成及び反応設計
    ・有機化合物の分析(純度分析など)
    ・グループメンバーマネジメント
    ・業務最適化
    【配属組織】開発部合成グループ
    ※開発部詳細(約30名在籍)
    …研究 約10名
    …技術 約20名 …合成 約10名 + デバイス 約10名
    【募集背景】
    これまでは研究だけに取り組んできましたが、
    商品化に伴い、今後はお客様対応も必要となることを想定した募集です。

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】デバイス技術職★九州大学発ベンチャー

    年収
    400万円~500万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ・真空蒸着による有機EL素子の作製(クリーンルーム内作業)
    ・有機EL素子の評価
    ・評価測定データの集計、整理
    ・その他研究開発に付随する補助業務
    【配属部署】
    開発部デバイスグループ(約30名在籍)

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★九州大学発スタートアップ企業として新技術の開発を積極的に進められる環境を提供します★
    ★社員の意見を取り入れ、新しい可能性にチャレンジすることで個々の能力が発揮できる職場です★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】デバイス研究職★九州大学発ベンチャー

    年収
    576万円~850万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ・有機ELデバイスの研究・開発
    - デバイス設計
    - プロセス設計
    - デバイス作製・評価
    - デバイス解析
    - デバイス劣化解析
    - 材料物性評価
    ‐ 顧客に対するOLEDデバイス最適化の技術サポート業務
    【配属部署】
    開発部デバイスグループ(約30名在籍)

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】合成技術職★九州大学発ベンチャー

    年収
    400万円~500万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    ・有機材料合成(主に有機EL材料低分子材料)
    ・有機材料を使用した合成実験開発のテクニカルサポート
    ・有機材料分析
    【配属部署】
    開発部合成グループ(約30名在籍)

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】知的財産部マネージャー★九州大学発ベンチャー

    年収
    650万円~850万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 英語
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    【募集背景】
    ★Hyperfluorescence技術の商品化に向けた知的財産部のマネージャーを募集
    ・特許出願手続き
    ・特許拒絶対応
    ・特許譲渡、特許実施許諾契約
    ・年金管理
    ・特許調査、分析
    ・社内外各種連携業務
    ・チームマネジメント
    【部門構成】
    ●知的財産部:7名

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Kyulux
    【福岡本社】分析評価担当者★九州大学発ベンチャー

    年収
    400万円~800万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 車通勤可
    仕事内容

    世界初の画期的な技術である、TADF/Hyperfluorecence等有機EL発光材料の品質保証に携わっていただきます。
    - 材料中の純度管理
    - 故障解析
    - ISO9001関連業務
    - 出荷後の問合せ、トラブル対応
    【部門構成】
    ●生産管理部(品質保証):4名

    会社特徴

    -2015年設立以降、総額50億円の資金調達を実現-
           ★直近数年で株式上場を実現する企業として、非常に高い注目を浴びる★
    同社は、Hyperfulorescence技術を開発しています。これはTADF材料、ホスト材料と蛍光発光体で構成され、高効率の発光(100%IQE)、低コスト、高い色純度を実現します。Hyperfluorescenceは、九州大学の安達千波矢教授によって発明され、Kyuluxはこの技術の『独占的ライセンス』を保持しています。
    【直近の受賞歴】
    ・2018年6月  J-Startup企業に認定
    (J-Startup:経産省がリードするスタートアップ支援プログラム)
    ・2018年8月  経済産業省「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」選定企業
    (特許庁のスタートアップベンチャー企業支援事業)
    ・2018年10月  CEATEC AWARD 2018「デバイス/テクノロジー部門グランプリ」受賞
    ・2019年5月   Japan-U.S. Innovation Awards Symposium「Innovation Showcase」受賞
    ・2019年7月   大学発ベンチャー表彰2【ボストン子会社】

    勤務地

    福岡県福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター 2号棟227号室

    担当者のコメント

    ★『世界初』の新技術を作り出す九州大学発のベンチャー企業です★
    ★世界各国の超大手メーカーが、Hyperfluorescence技術の商品化を待ちわびています★
  • 株式会社Braveridge
    【福岡/転勤なし】サーバーサイドエンジニア

    年収
    400万円~600万円※経験に応ず
    勤務地
    福岡県
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • 退職金制度有
    仕事内容

    IoTシステムに関連する開発や運用業務に携わって 頂きます。
    設計開発がメイン業務になりますが、企画からプロジェクトメンバーと関わります。リリース後は検証・再検討を行い、改修作業を行います。
    具体的には…
    ・自社で運営しているIoTサービスのサーバサイド設計、開発
    ・自社工場のIoT化
    ・API/Webアプリケーションの開発や運用業務
    <業務で使用する言語>
    Kotlin、Java、JavaScript、Spring Boot、MySQL、Redis、AWS など
    <職場の雰囲気>
    役員との距離が近く、意見を発信しやすい雰囲気のため、成長する意欲がある人には最適な環境となっています。また、大企業ではないので、決定までのプロセスが少なく、スピード感が早いのが特徴です。

    会社特徴

    <福岡から世界へ。企画から量産まで一貫して行う、ものづくりベンチャー>
    IoT製品のデバイスからサーバーまで、トータルソリューションを自社で手掛ける「次世代インフラサービス」企業です。
    ■企画~生産まで一貫した対応
    大手企業では、「研究だけ」「設計だけ」「実験だけ」になりがちな業務範囲ですが、同社では、働く部署を問わず製品の企画から製造まで全てに関わることができます。ここには、『世の中に、良いものを生み出したい』という想いがあります。実践を通して新しい業務に携わることができるので、実力をつけたい人には最適の環境です。
    ■世界中にMADE IN JAPANの技術力を
    製品の品質やクオリティを評価され、同社は日本国内で非常に珍しい、Apple MFi Manufacturing Licensee(開発と量産製造のライセンス)です。福岡工場にてAppleのライトニングコネクタ製品を生産しています。また、IoTの分野で、展示会にも多数出展しており、イノベーションの牽引役として日本のものづくりに今後も貢献していきます。2018年には株式会社ジャスコより5億円の資金調達を完了しました。

    勤務地

    福岡県福岡市西区周船寺3-27-2

    担当者のコメント

    企画から量産まで一貫して行う、ものづくりベンチャー!2018年には株式会社ジャスコより5億円の資金調達完了!
    裁量労働制を導入。子供がいても働きやすい制度も整っています!土日祝休み。注目のベンチャー企業で働けるチャンスです!

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性

ご利用者様の声

医療機器業界・営業事務(26歳・女性)

面接の前に、企業の担当者が事前オリエンテーションをしてくれたのがとてもよかったです。

関連の求人を探す