スマートフォン版はこちら

雑貨・文具メーカーの産休育休実績有の求人・転職情報

転職エージェント「パソナキャリア」が紹介する雑貨・文具メーカーの産休育休実績有の求人情報。
高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがひとつ上のレベルの転職を支援します。

公開中の求人8件中 1~8件を表示

  • 仕事内容

    同社のマーケティング部にて、祝儀袋や封筒、レター、カード、付箋、ノートなど文具・紙製品に関するマーケティングを総合的にご担当頂きます。
    【具体的には】
    ■市場/競合調査・分析
    ■売上予測
    ■マーケティング4P策定
    ■商品のコンセプト企画・立案
    ■デザイナーへのコスト面等を考慮した指示出し
    ■製造を担う自社工場や協力会社との折衝・調整
    ■展示会出展業務
    ■販促企画立案・実行(プロモーション部門との連携)等

  • 中越パルプ工業株式会社
    セルロースナノファイバーの研究開発【富山県高岡/転勤当面無】

    年収
    350万円~450万円※経験に応ず
    勤務地
    富山県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • フレックスタイム制度
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【具体的に】
    同社にてセルロースナノファイバーの研究開発に携わっていただきます。
    将来的に会社の事業を支える可能性がある領域(製品)です。
    ■メンバー:11名(20代~50代)
     ※20代の若手社員が半数で活気のある職場です。
    ■募集背景:欠員補充
    ■残業:月平均20時間程度
    ■住居:社宅・独身寮貸与可能(条件付き)
    ■転勤:将来的な転勤の可能性もありますが、当面無し
    ■配属先:開発本部 開発部(高岡本社)

    会社特徴

    同社は1947年創業以降、70年以上の歴史を誇る、東証一部上場の総合紙パルプメーカーです。
    ■本業の紙作りを通じた社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。日本各地に広がる放置竹林問題という社会的課題の解決のため、本来であれば紙の原料には不向きな日本の竹を年間2万トン集荷し、紙の原料としています。2009年からは、日本の竹100%でできた『竹紙』の製造販売も行っています。本業の中に取り組んでいるため、収益に左右されず持続的に環境に貢献できる活動として高く評価されています。
    ■最先端素材『セルロースナノファイバー(CNF)』の開発・製造に力を入れています。CNFとは、紙の原料であるパルプをナノレベルまで解きほぐしたもので、鉄の5倍の強度を持ちながら、5分の1の軽さなど、様々な特性を有する新素材です。2017年6月には鹿児島県の川内工場にプラントが稼働しました。
    ■今後の展開:世界で唯一の素材「MAPKA」(マプカ)を食品トレイ用シートとして製造・販売する合弁会社「中越エコプロダクツ株式会社」を2018年7月に設立。マプカとは、紙を独自の技術によりパウダー状に加工し、合成樹脂と混練させた新しい素材です。プラスチックゴミによる世界的な海洋汚染問題解決に貢献する環境性能の高い製品として注目されています。
    ■働き方:社員と家族の健康増進活動を積極的に実施しており、DBJ健康経営格付の最高ランク取得や「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されています。

    勤務地

    富山県高岡市米島282【本社】

    担当者のコメント

    ★国産竹100%を原料とした『竹紙』の製造、新素材『セルロースナノファイバー』の開発など、持続可能な社会作りに挑戦しています。
    ★研究開発職を募集しています。自社生産のパルプを原料とした『セルロースナノファイバー』の開発に従事して頂きます。
  • 中越パルプ工業株式会社
    生産設備のオペレータ業務【高岡/転勤無/未経験応募可】

    年収
    328万円~424万円※経験に応ず
    勤務地
    富山県
    • 上場企業
    • 正社員
    • 第二新卒可
    • 未経験可
    • 学歴不問
    • 退職金制度有
    仕事内容

    【具体的に】
    抄紙機(紙を作る機械)での抄造作業、監視業務に従事頂きます。
    ▼配属先:沙紙課
    ▼時間外:月平均15時間程度
    ▼勤務形態:三直一休のサイクルとなります。各勤務時間帯を1日ずつ3日間勤務ののち、1日休日を挟むような流れとなります。
    (1)07:20~15:00
    (2)14:50~22:30
    (3)22:20~07:30
    ▼長期休暇:春と秋に長期休暇(1週間程度)の取得も可能です。

    会社特徴

    同社は1947年創業以降、70年以上の歴史を誇る、東証一部上場の総合紙パルプメーカーです。
    ■本業の紙作りを通じた社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。日本各地に広がる放置竹林問題という社会的課題の解決のため、本来であれば紙の原料には不向きな日本の竹を年間2万トン集荷し、紙の原料としています。2009年からは、日本の竹100%でできた『竹紙』の製造販売も行っています。本業の中に取り組んでいるため、収益に左右されず持続的に環境に貢献できる活動として高く評価されています。
    ■最先端素材『セルロースナノファイバー(CNF)』の開発・製造に力を入れています。CNFとは、紙の原料であるパルプをナノレベルまで解きほぐしたもので、鉄の5倍の強度を持ちながら、5分の1の軽さなど、様々な特性を有する新素材です。2017年6月には鹿児島県の川内工場にプラントが稼働しました。
    ■今後の展開:世界で唯一の素材「MAPKA」(マプカ)を食品トレイ用シートとして製造・販売する合弁会社「中越エコプロダクツ株式会社」を2018年7月に設立。マプカとは、紙を独自の技術によりパウダー状に加工し、合成樹脂と混練させた新しい素材です。プラスチックゴミによる世界的な海洋汚染問題解決に貢献する環境性能の高い製品として注目されています。
    ■働き方:社員と家族の健康増進活動を積極的に実施しており、DBJ健康経営格付の最高ランク取得や「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されています。

    勤務地

    富山県高岡市米島282【本社】

    担当者のコメント

    ★国産竹100%を原料とした『竹紙』の製造、新素材『セルロースナノファイバー』の開発など、持続可能な社会作りに挑戦しています。
    ★転勤無し。富山県高岡市にて腰を据えて働くことができます。
  • 仕事内容

    同社の紙製品(文具・雑貨など)の営業担当として、下記業務をお任せします。
    【商材】文具・雑貨(祝儀用品、封筒、包装紙、模造紙など)
    【クライアント】文具専門商社(一人あたり6,7社を担当)及び量販店(ホームセンター、ドラッグストア、スーパーなど)
    ※基本的には文具専門商社を経由し量販店へ販売しています。
    【具体的業務】
    ■文具専門商社の方とホームセンター、ドラッグストア、スーパー等へお伺いし、新商品・既存商品の情報発信および販促活動の実施
    ■プレゼンテーションや棚割シミュレーションの実施
    ■営業企画部門などの他部署との連携 など

  • 仕事内容

    各種自社サイトの更新や運用・管理業務を中心に下記業務をお任せします。
    【具体的には】
    ■販売サイト『プリマージュ』『シンシアリー』の更新/運用・管理
    ■自社コーポレートサイト、自社商品のECサイトの更新/運用・管理
    ■リスティング広告やショッピング広告の運用
    ■アクセス解析
    ■SEO対策
    ■WEBプロモーション企画立案・実行
    ■SNSの運用 等
    ※商品の発送やエンドユーザーからのお問い合わせ対応等は別チームが担っています。
    【残業】月平均20時間程度

  • 仕事内容

    同社にて、オフィスの移転・新築などに伴う内装工事管理業務をお任せ致します。
    【具体的には】
    ■提案業務
    営業、デザイナーと連携し、最適なオフィス空間の提案。
    ※オフィス家具の提案や内装提案、引っ越しまでワンストップ提案を行います。
    ■工程策定
    オフィスづくりを円滑に進めるための工程を策定。
    ※顧客やパートナー会社と調整し、最適な工程を作り上げます。
    ■工程管理
    各種届出や工程会議への出席など、現場管理業務に携わっていただきます。
    物件の内容によっては現場常駐もございます。
    いずれも、社内外の関係者と信頼関係を築く重要な業務となります。

  • 仕事内容

    生産技術業務を担当いただきます。
    【具体的に】
    ■塗工工程の問題点の把握、分析
    ■塗工工程のプロセス開発、改善、改良
    ■量産効率の改革・改善
    ■開発部門と工場部門間との連携
    ■生産計画に即した生産体制の企画・シュミレーション
    ■国内外にある自社工場への指導
    【残業】平均20~30時間/月程度

  • 仕事内容

    文具の生産技術業務を担当いただきます。
    【具体的に】
    ■製造における問題点の把握、分析
    ■設備の構想
    ■生産コスト低減、工数短縮、効率向上のための施策立案
    ■生産計画に即した生産体制の企画・シュミレーション
    ■量産効率の改革・改善
    ■開発部門と工場部門間との連携
    ■国内外にある自社工場への指導
    ※2ヶ月に1回程度の出張あり。

関連の求人を探す