スマートフォン版はこちら

ソーシャルゲーム開発エンジニアの求人・転職特集

開発スキルを活かして次のステージへ。

ソーシャルゲーム開発エンジニアの求人特集

自分が開発に携わったゲームが多くのユーザーに親しまれることで大きなやりがいを感じられるソーシャルゲーム。ゲームの好きな人の転職先としては非常に魅力的といえるでしょう。求人はゲームの企画・開発・運用が中心となっており、フロントエンド・サーバーサイド双方でのエンジニア需要があります。

フロントエンドではオープン系などのコーディング経験などが評価され、CやC++を使用したゲーム開発経験などがあればさらに大きなチャンスをつかめる可能性があるでしょう。
サーバーサイドエンジニアとしてはJavaやApache、MYSQLなどの技術が高く評価され、コンシューマゲームの開発経験などが役立つ求人もあるようです。

現在、ソーシャルゲームのプラットフォームを提供する企業が自社製ゲームの数を増やしてきています。
その動きに対応するため、中堅規模以上のソーシャルゲーム開発会社はプラットフォーム向けにゲーム開発するだけでなく、AppleのApp StoreやGoogleのGoogle Playなどを使って直接ユーザーにゲームを届けようとするようになりました。
それに伴い以前のLAMP環境でのソーシャルゲーム開発だけでなく、Objective-CやJavaを使ったスマホ向けのネイティブアプリ開発求人が増えています。
この求人特集では、開発エンジニア求人に焦点を当ててご紹介します。

求人例

  • 仕事内容

    当社が運営するポータルサイト(GAMECITYなど)、自社SNSサイト、ショップサイト、スマートフォンアプリ等に関係するWEBサービスの設計、開発、保守業務全般を担当いただきます。

    ・ポータルサイトなどでのキャンペーンやイベントでは、運営企画部門と協力して開発 ※運営企画とは週1回MTGを行っています。
    ・開発したアプリケーションの保守、改善

    【今後の部署展望】
    スマートフォンタイトルやオンラインゲームへの開発・運営基盤の開発・強化を通して、世界に通用するコンテンツ創出への支援を期待

IT・Webエンジニアの求人特集