スマートフォン版はこちら

【電気設計】面接のために業界研究は必要?

電気設計
電気設計エンジニアです。業界研究が大事と聞きますが、面接までにどんな準備をすればいいですか。
業界研究は志望動機にも繋がります。今回の転職において、業界が変わらない前提でお話しします。まず、業界全体のポジショニングを踏まえた上で、各社の強み・特徴を挙げてみます。ご自身が所属する企業および選考に入る企業については、入念にこの部分を掘り下げます。次に、外的要因となるものを挙げてみます。外資系企業の日本進出が盛んになっているとか、法的な規制ができたとか新しいテクノロジーが生まれた等。その外的要因によって今後業界全体がどのような動きになるのかを想定します。これらは予言ではありませんので、必ずしも当たる必要はありません。論理に納得感があればいいです。「上記の状況が予測される業界において、自分の強みは○○だ。それを活かして自分はこういうことがしたいから御社に入社したい」というロジックができればOKです。

よく見られているお悩み

他の職種で探す

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。