スマートフォン版はこちら

競合への転職の注意点は?

雇用条件
経験とスキルを活かして同業界での転職を考えています。競合への転職の場合は、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
現職で知り得た業務フローや技術情報などの守秘義務は、退職後も発生します。製品情報や顧客情報などを転職先に持ち込んではいけません。また、企業によっては、就業規則や契約書などで競合への転職を制限する事項を設けている場合があります。予め就業規則や契約内容を確認しておきましょう。競合へ転職する際は製品情報や現実的なノウハウなどを持ち込むことなく、自分は何が出来るのか、自らが持っているキャリアの価値を考えることが大切です。同業界であれば、前職の同僚や上司と再会する機会もあるかもしれません。円満退職を目指しましょう。

よく見られているお悩み

他の職種で探す

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。