スマートフォン版はこちら

競合への転職の注意点は?

雇用条件
経験とスキルを活かして同業界での転職を考えています。競合への転職の場合は、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
現職で知り得た業務フローや技術情報などの守秘義務は、退職後も発生します。製品情報や顧客情報などを転職先に持ち込んではいけません。また、企業によっては、就業規則や契約書などで競合への転職を制限する事項を設けている場合があります。予め就業規則や契約内容を確認しておきましょう。競合へ転職する際は製品情報や現実的なノウハウなどを持ち込むことなく、自分は何が出来るのか、自らが持っているキャリアの価値を考えることが大切です。同業界であれば、前職の同僚や上司と再会する機会もあるかもしれません。円満退職を目指しましょう。

よく見られているお悩み

他の職種で探す

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性

ご利用者様の声

システムインテグレーター業界・ディレクター(42歳・男性)

実際に就職が決まったことが一番良かった点です。また、当初は1年くらいかかるのではと自分なりに予想してたところ、2か月くらいで終えることができた点も良かったです。
マイページも見やすく、情報を確認しやすかったですし、随時メールでも同じ内容の詳細や求人票を送ってくださるのも助かりました。利用者観点でサポートしてくださる姿勢が一貫していて、ほかの転職サービスを受ける必要をまったく感じませんでした。