スマートフォン版はこちら

職務経歴書・履歴書の作成方法(28歳編)

職務経歴書と履歴書についてお話します。
職務経歴書は経験されている職種などによって記載方法は異なりますが、2枚以内にまとめるようにしましょう。人事や書類選考を担当する方は、主に職務経歴書からは経験とスキルを確認しています。簡潔に、初めて読む方でもわかりやすく書くことを心がけてください。今まで担当してきた業務、そこに対する実績、営業職など数値での表現ができる方は数字を明示して、ご自身の経歴をまとめましょう。第二新卒などとはことなり、28歳での転職は今までの経歴をふまえた転職になります。その点を忘れずに、自分の経験、スキルをきちんとアピールできる書類にまとめあげてください。

「志望動機や自己PRを職務経歴書に書いたほうがいいですか?」というご質問をいただきますが、もちろん書いておくほうがベターです。応募先の企業で志望度が高い企業などは特に書いておくことをお勧めします。注意点としては、自己PRを応募先企業すべて同じにしている場合がありますが、応募する企業ごとに記載するポイントを変更するほうがのぞましいです。企業によって求めているスキルや人物は異なります。その企業のポイントを理解したうえで自己PRを記載することが、書類選考通過率をアップさせるポイントとなります。

履歴書については、「手書きの必要はありますか?」というご質問をいただきますが、「手書きの履歴書を準備してください」という指定がない限り、パソコン等で作成いただいたもので問題ないでしょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。