スマートフォン版はこちら

職務経歴書・履歴書の作成方法(30歳編)

採用担当者は応募書類から何を読み取るのか。応募者のスキル・知識はもちろんのこと、本当に自社に入りたいのかを見極めようとします。ここで、「ああ、時間が無い。志望動機はどうしよう?ホームページにネタは落ちていないかな」といった、やっつけの志望動機では、当然、書類選考は通りません。面接なんてとんでもない。という結果になってしまいます。

職務内容やスキル・知識、実績などは具体的かつ簡潔に書きましょう。職務経歴は記載方法で差が出るようなものではないので、事実が伝われば十分です。スキルの差などは、ある意味仕方の無いことなので、そこは割り切って書きましょう。

それよりも重要なのは志望動機です。「志望動機の書き方がわからない」といった問い合わせは多いです。つまり、他の応募者も同じような状況なので、ここでしっかりとした志望動機が書けていると、差がつくと考えて良いでしょう。30歳なので、未経験業界・業種以外は「好きだ」「興味がある」「やりたい」など気持ちを前面に押し出すのはやめましょう。書くべきことは、その業界・企業・職種を選んだ理由、そこで自分は何が出来るのか、自分の経験と結びつけて具体的に書きましょう。また、企業別にカスタマイズすることも大切です。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
食品・飲料業界・ルート営業・渉外・外商(25歳・女性)

他の転職サービスを利用したことが無いのですが、とにかく細かく親身になってサポートしてくださったので、とても心強かったです。質問や心配事に対してもすぐにご対応してくださりとても嬉しかったです。