スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:志望動機(32歳編)

志望動機で注意するポイントについてご説明をします。
志望動機の組み立て方としては、応募先の業界や応募先企業のご自身が感じた魅力を中心にまとめていくのが一般的です。ただ、32歳での転職となりますと、まったくの未経験からの転職をされる方よりも、ある程度ご自身の経験の延長線上での転職をお考えの方のほうが多いでしょう。その場合、志望動機の中にも「今までの●●の経験をいかして●●に取り組みたい」といった内容を組み込みましょう。また、感じている魅力に関しても、常識的に考えられる範囲ではなく、ご自身のなんらかの具体的な実体験であったり、過去のキャリアに紐ついていると説得力が高くなります。

異業種へと転職される場合は業界研究をしっかり行いましょう。また、「職種」をベースに転職を考えている場合、業界や企業へ対する強い志望動機がない、というご相談をいただくことがあります。志望動機では、企業側は「この方は長く定着してくれる方なのか」という点も確認していますので、志望動機が不明確な場合は面接官からよい評価となりません。この点は意識して、ご自身なりに研究を行い、志望動機を組み立ててください。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
損害保険業界・ルート営業・渉外・外商(43歳・男性)

情報連携が早くて正確でした。何よりも情熱が重要だと思っているので。悪いところは思いあたりません。