スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:職務経歴(30歳編)

現職あるいは前職について、最初に業種・ポジションについて説明します。その後、具体的な仕事内容について話ましょう。これまでに手掛けた仕事を例に、自分がどのような役割を果たしたのか、どれくらいの成果をあげたのか。数字で表せる内容であれば数字で答えましょう。表彰歴や評価についても具体的に触れましょう。社内の相対的な位置について伝わるので、採用担当者もイメージしやすくなります。

応募している仕事の職務内容をよく把握した上で、自分の経験がどのように活かせるのか考えておきましょう。そういった観点で職務経歴について話をすると、即戦力として活躍できることがアピールできます。

採用担当者は、会社に合うか、入社したらどのポジションに配置するか、入社直後から活躍できるかといったことを考えながら面接をしています。どんなに詳細に職務内容を説明したとしても、ポイントがずれていては何の意味もありません。自分が採用担当者になったつもりで、聞きたいことを話すようにしましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
食品・飲料業界・ルート営業・渉外・外商(25歳・女性)

他の転職サービスを利用したことが無いのですが、とにかく細かく親身になってサポートしてくださったので、とても心強かったです。質問や心配事に対してもすぐにご対応してくださりとても嬉しかったです。