スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:希望年収の伝え方(30歳編)

面接で「希望年収はいくらですか?」と聞かれることがあります。はっきり答えて良いものかどうか迷うかもしれませんが、尋ねられているのですから、はっきりと回答しましょう。「現職の年収が○○円なので、それと同額かそれ以上が希望です。」と答えておくのが無難です。「できるだけ高く!」と思うのは当然ですが、最終的には企業側の判断に任せるというスタンスでいましょう。年収は、経験や能力を考慮して決まります。職能給が決まっている企業も多いので、その枠を超えている場合は、採用を控える可能性もあります。年収については、あまり強くアピールしないように気をつけましょう。

企業側から聞かれなかった場合、自ら質問するのは控えた方が良いでしょう。お金目当ての転職と思われる可能性があります。どうしても気になる場合は、「入社後に能力次第で年収がアップする可能性がありますか?」など仕事に対する熱意を見せつつ尋ねるようにしましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
人材紹介・派遣業界・人材ビジネス・教育関連(28歳・女性)

私の希望職種毎に、多くの求人をご案内してくださいました。強引な紹介や連絡もなく適切な転職サポートをしていただけた印象でした。