スマートフォン版はこちら

退職交渉のポイント(30歳編)

応募企業から内定が出て受諾した後は、現職の職場と退職交渉をしなければなりません。30歳、初めての転職、最後の仕上げです。立つ鳥後を濁さずで、円満退職を心がけましょう。

まずは、直属の上司に退職の意向を伝えます。いきなり「退職願」を渡してはいけません。同僚に相談するのも止めましょう。一社経験で同期の結びつきが強いと、ついつい同期に相談してしまう人がいますが、話をしたばっかりに、うわさで上司に伝わってしまい、その後の退職交渉が難航するパターンはよくあります。同僚には、退職日が確定してから話をするようにしましょう。

退職の意向を伝えた後、引止めに合うことも考えられますが、「昇給させる」「異動させる」など甘言には惑わされないようにしましょう。「この仕事を任せられる人は他にいない」などといった言葉にも注意が必要です。自分がいなければ回らない世の中など存在しません。大抵の場合、代わりの人は見つかります。

引き止めをクリアし、無事退職が認められたら、業務の引継ぎや取引先への挨拶など、周囲の人に迷惑がかからないよう、退職日までのスケジュール管理をしっかり行いましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。