スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:職務経歴(32歳編)

職務経歴で注意するポイントについてご説明します。
職務経歴では、今までの経歴をわかりやすく、端的に説明をすることがポイントです。32歳の転職ですと、まったくの異業種・異職種への転職という方は少ないでしょう。そのため、応募するポジションの職務内容に対して、今までの経歴をいかすことができるのか、という点が面接官の確認ポイントとなります。必ず、応募するポジションの職務内容をきちんと理解した上で、面接準備を行ってください。

また、32歳ですと、経験も10年程度となると思いますが、そのすべてを話す必要はありません。ポイントをしぼる歳も、応募するポジションの職務内容と、ご自身としてアピールしたい経験に絞ってまとめておきましょう。目安としては、3分程度で話ができるようにしておいてください。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
食品・飲料業界・人事・労務(34歳・男性)

営業担当の方、特に女性の方が元気で、対応も早く、気持ちが良かった。