スマートフォン版はこちら

業界不問

求人票に「業界不問」とある場合は、経験されてきた業界がどのような業界でも応募が可能という意味です。経験不問と近しい意味で使われることもありますが、職種としてはその求人票の経験をお持ちであることを前提としていることが多いです。例えば、「必須経験:営業経験(業界不問)」といった使われ方です。
業界不問の求人の場合でも、同業界での経験をお持ちの方、類似業界での経験をお持ちの方がいる場合は優先されることが多いです。同業界、類似業界での経験をお持ちの場合は、その経験をアピールするとよいでしょう。同業界、類似業界での経験がない場合でも、何か共通点を見つけ、その共通点でのアピールを行うと、専攻の通過率があがっていくでしょう。

関連する業界の求人

転職全般の他の項目を見る

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。