スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:志望動機(35歳編)

志望動機はどう伝えればいいのか、悩む35歳も多いと思います。まず最初に行うべきは、転職理由と志望動機に一貫性があるかどうかのチェックです。転職したい理由があって活動を行い、それを解消できそうな企業を選んだからこそ、そこに志望動機がある、というのが一番シンプルなストーリーです。

35歳の転職ともなると、若手の転職活動とは異なりますので、「年収UP」、「職域の拡大」だけでは、説得力に欠けます。例えば、年収が安いと感じる比較根拠は現実的か、希望年収はその企業にとって妥当なのか、転勤や異動の辞令を受け入れられなかった状況はどこに行っても同じではないか、中途入社をして活躍できるだけのスキルはあるのか等、ぜひご自身の志望動機を第3者視点で見直してみてください。また、35歳の方が入社するということは今後のその企業の中核を担うメンバーになる可能性もあるということです。企業にどのように貢献できるかといった視点も交えながら考えてみましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。