スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:自己PR(35歳編)

35歳の転職活動の面接における「自己PR」とは、若手の頃に作成された「自己PR」とはだいぶ異なります。若い場合には、「明るい」、「人見知りせずすぐに馴染める」といった性格的な部分でもアピールになったと思われますが、35歳ともなるとそうはいきません。職務上の具体的なエピソードも含めたアピールが大事になってきます。例えば、参加しているプロジェクトが暗礁に乗り上げた時にメンバーを●●という方法で鼓舞し、なんとか計画通りに進めることができた、とかうまくいかないポイントを突き止めて早期に改善することで成果に繋がったといったようなものです。ご自身の普段の働きぶりや思考、姿勢を含めてアピールしてみることです。

リーダーシップやマネジメントに関することについても触れておいた方がいいでしょう。また、具体例があった方が説得力も増します。「特に思い当たらない」と思う方でも、何気なく行っていることを詳細に思い返してみると自己PRにつながる可能性がありますので、思い返してみましょう。いくつか書き出してみると、ご自身の自己PRになりうる共通点が見えてくるかもしれません。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
広告業界・一般事務(31歳・女性)

かなりの求人票を紹介して頂きました。