スマートフォン版はこちら

内定後に入社を迷った場合には(30歳編)

内定受諾を迷っている理由は何でしょうか?

現職に未練が出てきてしまったという方。現職の居心地が良いのであれば、転職する必要は無いかもしれません。ただ、一度辞めようと思った企業でもう一度やり直すのは至難の業です。やっぱり転職しておけば良かったと後悔する可能性は高いです。

家族や恋人に反対されて内定を辞退するというケースもよくあります。家族に反対されると動き辛いのはよく分かりますが、何のために転職活動をしてきたのか、もう一度良く考えましょう。 応募している企業に懸念がある場合は、採用担当者にはっきりと伝えましょう。懸念点を払拭してから内定を受諾すれば良いと思います。

30歳で初めての転職。色々な不安がつきまとうのは当然です。新しい環境への漠然とした不安もあると思います。不安に思うこと、迷っている理由を明確にし、全てクリアにしてから内定を受諾するようにしましょう。企業側もあなたを採用するために多くの時間を割き、準備しているのです。内定受諾後に「やっぱりやめた」などと失礼なことにならないよう、懸念点は全てクリアにしておきましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
食品・飲料業界・人事・労務(34歳・男性)

営業担当の方、特に女性の方が元気で、対応も早く、気持ちが良かった。