スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:自己PR(32歳編)

自己PRについて注意するポイントをご説明します。
32歳となりますと、20代のように、抽象的な性格面に関することでは自己PRとしては不足してしまいます。具体的な経験を裏づけとして自己PRをするようにしてください。自己PRをまとめる上のベースとなるのは、今までの経歴を振り返った上で強みと考えられる点と、応募するポジションで求められている人物像です。求人票をよく確認したうえで、自己PRをまとめるようにしてください。また、具体的なエピソードや経験をあわせて面接時には説明できるようにまとめておいてください。

また、マネジメント経験なども求められてくるポジションも増えてくるでしょう。直接的に役職者としての経験がなくても、なんらかでリーダーシップをとったりしたご経験もおありだと思います。自己PRとしてはいれない場合でも、経験として質問をされる可能性もありますので、リーダーシップをとった経験などから、どういったことが強みといえるかを考えておきましょう。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
金融・保険業界・IT・Webエンジニア(41歳・男性)

●提案案件の多さ=他社に比べ、適切な求人をご紹介いただく件数が格段に多かった。
●企業窓口の方とエージェントの連携のよさ=企業の意向、こちら側の意向がロス・齟齬なくやりとりできた。
●コミュニケーションの量=ちょっとしたことでも即座にご連絡いただき、信頼感につながった。