スマートフォン版はこちら

面接の成功ポイント:希望年収の伝え方(32歳編)

希望年収を伝える場合に注意する点としては、根拠のない大幅な年収アップを希望しないという点です。32歳となると、人生設計において、年収面も重要になってくるでしょう。ですが、希望として、根拠がなく大幅な年収アップを希望すると、現実の理解できていない方として評価がさがってしまう可能性もあります。年収アップを希望する場合には、現年収をベースに、●●といった理由があるので、●●円以上を希望します、と伝えられるように準備をしましょう。大幅な年収アップを希望しない場合は、「現収以上を希望します」という伝え方でもいいでしょうし、求人票に記載のある年収がベースで問題ない場合は「貴社の規定に従います」という伝え方が一般的です。

年収について質問をしにくい、という場合には、転職エージェントに相談をするのもよいでしょう。求人票以上の情報を持っていますので、採用の背景や、どの程度まで年収についての許容がある企業なのか、などを事前に確認してみてください。

わたしたちキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動をお手伝いします。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
損害保険業界・ルート営業・渉外・外商(43歳・男性)

情報連携が早くて正確でした。何よりも情熱が重要だと思っているので。悪いところは思いあたりません。