スマートフォン版はこちら

簿記

簿記とは、企業をはじめとする経済主体が、その経営活動のなかで行われる取引によって増減する資産や負債、純利益の数値を管理し、日々の収益、費用を記録する行為、またその技能のことをいいます。
ビジネスの世界、特に転職の世界においては、簿記というと、日商簿記の資格のことを指す場合が多く、経理や財務の職種の求人票のなかでは、「有資格者優遇」や「資格を有することが必須」というように表記されていることがあります。階級でいうと、財務担当としての基本知識が身につき、商店、中小規模の企業での経理事務ができる3級、財務諸表を読め、自社はもちろん、取引のある相手先の経営状況も計ることができる2級が資格保有者の大多数を占め、また、求人票に記載される頻度も高いです。

関連する業界の求人

管理職・事務職の他の項目を見る

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
食品・飲料業界・人事・労務(34歳・男性)

営業担当の方、特に女性の方が元気で、対応も早く、気持ちが良かった。